交通事故に遭った時に、弁護士を依頼すべき理由

交通事故はいつ何時、自分の身に降りかかってくるか予想が出来ないものです。
加害者になる事もあれば、被害者になる事もあるのです。

しかし自分の不注意で交通事故の加害者になってしまった場合、保険会社や弁護士に相談しようとするはずですが、被害者になった場合の相談は忘れがちです。

NAVERまとめ情報探しならこちらをご確認下さい。

被害を受けた側なのだから、相手の保険会社や当人同士の話し合いによって手厚い補償が受けられ、全て丸く収まるものだと思っていてはいけません。


加害者や加害者の保険会社はなるべく、医療費や慰謝料を安く済ませようと対応します。

今話題の交通事故の裁判情報を集めたサイトです。

中には被害者の言葉尻を取って、怪我の完治を待たず支払いをストップする保険会社もあるのです。



また交通事故の通院日数による慰謝料も、規定による計算方法があるのですが、一般的に知られていないため低く見積もられる事もあります。
ですが被害者は、事故による痛みや精神的ショックなどで争う事に疲れていたり、反論する気力を失っており、提示されてた条件をそのまま受け入れてしまう人がほとんどです。そのため、交通事故に遭ってしまった時にはまず、事故の大小に関わらず弁護士に相談をし、状況を説明しておきましょう。

そして加害者や保険会社との話し合いの際は、代理で立って貰う、同席して貰うなどすべきです。最近では事故の相談は無料、依頼費は慰謝料の何割からと、料金体制もリーズナブルなものになっています。


また弁護士費用特約といった慰謝料の増額が見込める付帯サービスもあります。
交通事故で損をしないためにも、以上の事をしっかりと頭に入れて、いざという時のため備えましょう。